閉じる

店舗開業の基礎知識|よくあるトラブル・開店までの流れ|店舗デザインから店舗内装工事まで|大阪|ディバイン

店舗開業の基礎知識よくあるトラブル・開店までの流れ

店舗内装工事でよくあるトラブル・業者を選ぶポイント

開業改装に伴う店舗内装工事では、残念ながらトラブルが発生することも少なくありません。トラブルを回避するには、どのようなトラブルがどういった原因で発生するのかをあらかじめ知っておくことが大切です。こちらでは大阪を中心に店舗内装工事を行う「ディバイン」が、店舗内装工事でよくあるトラブルや、業者を選ぶポイントについてお知らせします。

店舗内装工事のトラブル例

トラブル1:見積もり金額より多い額を請求された

もっとも多いトラブルです。回避するには、まず契約時に詳細まで記載された見積もり書の提示を求め、「これ以上の請求はないこと」「やむを得ず追加工事が必要になる場合には、必ず説明すること」を約束しておきましょう。

トラブル2:勝手に工事を追加された

施工業者は本来、追加の工事が必要になった場合にはきちんと依頼主に説明しなくてはなりません。しかし中には、勝手に工事を追加してその分の費用を請求してくる業者もいます。そのようなことがないよう事前に約束するとともに、工事中はできるだけ現場をチェックするよう努めることが大切です。

トラブル3:必要な工事が行われなかった

お願いした場所の工事ができていないケースもあります。工事中はなるべく現場の様子を見に行くようにし、仕上がりチェックの際には目に見えない部分までしっかりと確認しましょう。口頭だけでなく見積もり書や図面などでも、事前に工事箇所をきちんと確認しておくことが重要です。

トラブル4:スケジュール通りに工事が終わらなかった

開業のタイミングが遅れてしまうことは、事実上の損失です。仮住まいを借りている場合には実際の金銭的負担も増えてしまいます。きちんとした説明を求めましょう。

トラブル5:イメージと違う仕上がりになった

「色合いや使い心地が、想定と違う」「雑な仕上がりに見える」といったケースが少なくないようです。設備やインテリアなどについては、任せきりにせずショールームなどへの同行を依頼し、施工中にもまめに顔を出して気になる部分はしっかり指摘するようにしましょう。

こんな業者には要注意!

見積もり内容の説明がない

本来、見積もり書には部分別に細かい工事費などが記載されるものです。大ざっぱな金額のみを提示し、なおかつ説明を求めても返答がない業者には注意が必要です。

契約書がない

必須である契約書を交わさずに済ませようとする業者は極めて危険です。また、契約書がある場合にも内容のチェックは怠らないようにしましょう。

大幅な値下げがある

軽はずみに3割引きなどの大幅な値引きを行う業者には注意が必要です。安い材料を使われたり、手抜き工事をされたりするリスクが懸念されます。

やり直しを拒否する

工事内容に満足がいかず、やり直しの依頼をしても拒否するような業者もいます。契約前に「やり直しができるか」「追加料金はどうなるか」といった部分をしっかり打ち合わせておきましょう。

開店までの一般的な流れ

STEP1開業の決意

「開業を決意したけれど、何をすればいいか分からない」という意見がよく見られます。そんなときは、少なくとも下記の3点は明確にしておきましょう。

■なぜ開業しようと思ったのか?
■用意できる資金はいくらくらいか?
■どのあたりで出店したいのか?

大阪を中心に店舗内装工事を行っているディバインでは、開業の初期段階からオーナー様をサポートいたします。まずはお気軽に、メールフォームやお電話(06-6170-5473)でお問い合わせください。

STEP2コンセプトの構築

■どんな店にしたいのか?
■どんな立地でどんなお客さんに来てほしいのか?
■その店の強みはどんな部分なのか?

新規店舗の開業においては、店舗のコンセプトを定めることが非常に重要です。この部分がしっかり定まっていないと、開業から日が経つにつれて迷走し、「何屋か分からない」といった状態にもなりかねません。また、店舗デザインを行ううえでもコンセプトは欠かせない要素となります。

STEP3事業計画書の作成

店舗を経営するということは、会社を経営することと同じです。売上・仕入れ・原価・収益などの集計と予測を行うことは、健全な店舗経営には欠かせません。あらかじめ家賃や人件費、光熱費、原材料費などを見積もり、「どれくらいの収益が出せる店になるのか」を分析しておきましょう。

STEP4物件探し

物件との出会いは運の要素も強く、また、個人や初出店の方の場合には与信調査で弾かれてしまうケースも少なくありません。多くの場合、粘り強く探す必要があるでしょう。自分が物件に求める要素は「立地」や「広さ」や「雰囲気」などのうちのどれなのか、あらかじめ優先順位を決めておくと物件探しがスムーズになります。

STEP5資金調達・融資計画

多くの場合は銀行や公庫などに融資を依頼することになるでしょう。しかし、必ず融資してもらえるというものではありません。事業として魅力があり、債務返済ができるという信用を得られてはじめて融資が受けられます。

融資担当者の質問にしっかりと理論立てて説明するためにも、2~4でご説明した「コンセプト」「事業計画」「物件」はしっかり考えておかなくてはなりません。

STEP6店舗設計・見積もり査定・店舗工事

店舗づくりの「命」とも言えるのが、店舗の設計です。入念に打ち合わせを行い、コンセプトを具現化してくれる業者を選びましょう。明瞭な見積もりと分かりやすい説明も重要です。イメージのずれを招かないためにも、デザインから施工まで一貫で引き受けてくれる業者だと安心です。

STEP7仕入れ先業者選定

内装工事が進んでいる間に、店舗の商品や備品などを仕入れる業者の選定を行いましょう。飲食店の場合、取引業者は5~10社ほどになるのが一般的です。それぞれの業者と価格交渉や支払いサイトの決定などを行う必要があり、初出店では苦労するポイントとなります。内装工事のチェックもまめに行いたいため、この時期は多忙です。

STEP8開業準備・オペレーション

開業に向けての準備とオペレーションの練習が始まります。仮に飲食店であれば、
■注文の取り方は?
■会計の方法は?
■予約の受付は?
■テーブルのセッティングは?

といったことを考えながら段取りを整えていく必要があります。開業後に慌てることのないよう、想定されるトラブルとその対処法なども考え、マニュアルにまとめておくといいでしょう。

STEP9開業

ついに開業です。おめでとうございます!
しかし、これで終わりではなくここからが本番です。お客様にご満足いただくのはもちろん、収支の管理や業者支払、給与支払、業務改善などを行っていく必要があります。開業を決意したそのときの情熱を絶やさず、よりよい店舗づくりを行っていってください。

店舗開業の基礎知識「店舗作りのポイント」Knowledge

  • よくあるトラブル・開店までの流れ

対応エリア

対応エリア

0661705473

お問い合わせ

株式会社ディバイン

株式会社ディバイン〒564-0052
大阪府吹田市広芝町4-34 江坂第一ビル2F

0661705473

0661705453

ページトップへ